総合トップページ 富岡製糸場 保存修理・整備活用

西置繭所保存修理工事(4)

屋根の乱れを直すためヴェランダの柱を養生したうえで、足元にジャッキを設置し揚屋(あげや)作業を行いました。
(2017/1/19更新)
屋根の乱れを直すため、揚屋作業を行い、柱をジャッキで30mm持ち上げました。
写真の礎石部分をみると、礎石と柱が離れているのがわかります。
(2017/1/31更新)
雨漏りにより腐朽した野地板を部分的に解体しました。解体したものを再利用できるよう、腐朽部分を取除き、かわりに樹脂を埋め、人工木材にします。左の写真は試験施工中のもので、右の写真は施工道具です。
(2017/2/7更新)
ヴェランダの根太の天端に墨書を発見しました。墨書きは「昭和三十三年」と記されているため、ヴェランダ床に開口部を設けた時期に書かれたものだと考えられます。
(2017/2/16更新)
2階の貯繭大缶を撮影しました。ここに繭を貯蔵していました。
(2017/2/27更新)
階段の塗装を剥がしています。
剥がしながら塗装歴も調査します。
(2017/3/5更新)
ヴェランダ床組の塗装剥がしが完了しました。
(2017/3/15更新)
ヴェランダ縁葛(えんかずら)の繕い作業を行っています。極力オリジナルの部材が残るよう作業をしています。
(2017/3/21更新)