H30 飼育記録 夏蚕

2153_ext_01_0_L.png
春蚕飼育日記
平成30年7月3日(火)
3齢5日目。7月1、2日の配蚕が無事に終わり、今日はひたすら脱皮をするお蚕さん。じっとしています。
すでに脱皮が終わったお蚕さんは頭を振って人工飼料を欲しそうにしていますが、なるべく多くのお蚕さんが脱皮を終えるまで待ちます。
平成30年7月4日(水)
4齢1日目。昨日のうちに多くのお蚕さんが脱皮を終えたので、人工飼料を与えました。おいしそうに食べるお蚕さん。成長が楽しみです。
平成30年7月5日(木)
4齢2日目。3回目の脱皮も終えてえさをもりもり食べるようになりました。
朝よりも夕方のほうが大きくなっていることが分かるくらいに成長が早いです。
よく食べる子と控えめな子で体長に差が出てくる頃ですが、みんな仲良く大きくなーれ!
平成30年7月6日(金)
4齢3日目。今日は飼育容器の掃除を行いました。
始める少し前にお蚕さんの上にネットを被せておきます。
するとお蚕の習性で上に登ってきてくれるので、そのままネットごと外に出すと掃除がとても楽になります。
市民養蚕をやられている方も自分なりの飼育方法を模索して楽しんで飼ってみてくださいね!
平成30年7月9日(月)
4齢6日目。蚕人生最後の脱皮を続々と始めています。
脱皮前の蚕はうっすら頭に三角の模様(次の頭になる部分)が見えてきます。
脱皮した蚕は頭が一回り大きくなり、白っぽくなります。
脱皮後の蚕が餌を欲しがっているようですが成長をそろえるためにみんな脱皮が終わるまで少し我慢してもらうことにしましょう。
平成30年7月10日(火)
5齢1日目。最後の脱皮を終え、頑張ったお蚕さん達にえさをたっぷり与えました。5齢になると繭作りに向けてたくさんのえさを食べるようになるので、切らさないように注意することが良い繭を作るうえでのポイントです。フンも大きくなりたくさんするようになるので毎日掃除をしてあげたいですね。
平成30年7月11日(水)
5齢2日目。今日もたくさんエサを食べています。
エサは人工飼料よりも桑の葉を与えたほうがいい繭ができます。
お近くに桑の葉が植わっており農薬がかかっている心配がなければ5齢の今からでも与えてみるといいかもしれません。
葉を器用に前肢を使って食べる様子を眺め、その音に耳を澄ませるのもまた楽しみ方の一つですよ。
平成30年7月12日(木)
5齢3日目。市役所の中は冷房が効いているためか市内の養蚕農家が飼育している蚕と比べると少し小さめです。今日になって脱皮をしている子もいました。
お蚕さんにとっては人間が少し暑いなと感じる28℃くらいで過ごすのが一番快適なようです。
平成30年7月13日(金)
5齢4日目。今更ですが飼育ケースの下にネットを敷いてみました。掃除も楽になりますが、えさがふんまみれになるのを少しだけやわらげられそうです。
蚕の中には頭にある目のような模様(眼状紋)が薄く、のっぺらぼうみたいな子がいます。「姫蚕」と呼ばれていますがメスに限らずオスでもこういう子が産まれてくることがあります。市民養蚕をやられている方はご自身のお蚕たちの中にも混じっていないかぜひ探してみてください。
平成30年7月18日(水)
5齢9日目。いっぱい食べて一生懸命成長してくれたお蚕たちがついに繭を作り始めました。少し寂しい気持ちもありますが立派な繭を作り終えるまでもう少し見守ってあげたいと思います。
蚕は繭を作る時期になると上へと登っていく習性があるので、飼育容器は壁に付けて置かないようにしましょう。少しの隙間があれば器用に繭を作ってしまうので、壁を登った蚕が作った繭が天井の端に沿って並ぶことになるかもしれません。
皆様の繭の提出と蚕と過ごした日々の思い出話を楽しみにしています!
平成30年7月24日(火)
今年は猛暑でしたが、市役所のお蚕さんたちは暑さに負けずに頑張ってたくさんの繭を作ってくれました。中には二匹以上のお蚕が一緒になって繭を作ってしまう「玉繭」もいくつか混ざっていましたが、市民養蚕で提出していただく繭に関しては玉繭でも問題ありませんのでそのまま提出をお願いいたします。
皆様から大切に育てていただいた繭を受け取る瞬間はとても幸せな時間です。
今回もたくさんの市民養蚕へのご参加ありがとうございました!
次回は9月11、12日の配蚕予定です。
初めての方もベテランの方も大歓迎ですので興味が少しでもありましたら富岡市役所農政課蚕糸園芸係までご連絡ください。
お待ちしております!
平成30年7月30(月)
市民養蚕の繭が続々と市役所に届いています!ありがとうございます!
中には写真のように羽化して蛾になってしまった状態で届くこともあります。穴の空いた繭は残念ながら使えないので、郵送でお送りいただく場合などは一度ご家庭の冷凍庫で三日ほど冷凍してからの方が安心かもしれません。
ご協力をよろしくお願いします。