H30 飼育記録 春蚕

2083_ext_01_0_L.jpg
春蚕飼育日記
平成30年5月20日(日)
配蚕初日。3齢3日目。初めて新庁舎でお蚕をお渡ししました。参加者の方から「今年のお蚕は大きいね!」との言葉をいただきつつ、今春もたくさんのお蚕さんがみなさまのもとへ旅立ちました。
今日はパックからそっと飼育容器に移し、お蚕さんが眠(みん)に入るのを待ちましょう。
平成30年5月22日(火)
3齢5日目。20、21日の配蚕を終え、富岡市役所にもお蚕さんが登場しました。もう脱皮を終えて腹ぺこなお蚕さんもいるようですが、脱皮したてのお蚕さんの皮膚は傷つきやすいので、今日はまだそっとしておきます。
平成30年5月23日(水)
4齢1日目。脱皮を終えて、今日からお蚕さんは4齢です。ようやく新しい人工飼料をもらえたお蚕さん、とても嬉しそうです。
平成30年5月24日(木)
4齢2日目。昨日もらった人工飼料をもぐもぐ食べるお蚕さん。
人工飼料は、次にあげるときまで食べきれる量を与えるのがコツです。掃除が楽になります。
平成30年5月25日(金)
4齢3日目。昨日ですっかり人工飼料を食べ終えたお蚕さん。新しいえさをもらい、一生懸命食べています。
人工飼料を与えるときは、薄く平らに与える(盛らない)のがコツです。お蚕さんが食べやすくなります。
たくさん食べて、週末は脱皮の準備に入ります。
平成30年5月28日(月)
4齢日6目。週末に眠(みん)になり、今日はたくさんのお蚕さんが脱皮をしていました。
時間が経つにつれて、写真のように脱皮後の頭が大きいお蚕さんが飼育容器に増えていきます。
一足先に脱皮を終え、えさを探している様子のお蚕さんもいますが、より多くのお蚕さんが脱皮するまで今日は静かに見守ります。
平成30年5月29日(火)
5齢1日目。多くのお蚕さんが脱皮を終え、久々に人工飼料をもらったお蚕さん。いきおいよく食べていました。5齢のお蚕さんは食欲旺盛です。
平成30年5月30日(水)
5齢2日目。昨日もらった人工飼料を引き続きもぐもぐ食べるお蚕さん。体は6cmほどになりました。たくさん食べて、大きくなってもらいましょう。
平成30年5月31日(木)
5齢3日目。一昨日もらった人工飼料を完食したお蚕さん。今日は一昨日よりも多く人工飼料を与えました。たくさん食べて、夕方にはもっと体が大きくなるでしょう。
市役所では、掃除のときにネットを使ってお蚕さんを移動させています。ネットをかぶせるとお蚕さんがあがってきて、簡単に移し替えることができます。
平成30年6月1日(金)
5齢4日目。今日は市民桑園で育てている桑の葉を与えました。
人工飼料と比べると減りは早いですが、いっぱい食べる様子がよく分かるので見ていて飽きません。
5齢になり毎日ぐんぐん大きくなってきています。
ひっくり返して観察してみると「ぐんま黄金」の肢は「ぐんま200」と違い黄色いことが分かります。
平成30年6月4日(月)
5齢7日目。今日も元気に桑を食べるお蚕さん。夕方になると、飼育容器の端で糸を吐き始めるお蚕さんもでてきました。そろそろ上蔟のようです。
平成30年6月5日(火)
5齢8日目。朝から繭を作りたそうなお蚕さん。急いで蔟を組み立てます。
市役所ロビー(1階)のぐんま200は回転蔟に、農政課前(2階)のぐんま黄金は屋根型に組み立てた蔟(飼育マニュアルp8参照)に繭を作らせることにしました。
この時期のお蚕さんは柔らかいフンとおしっこをしますので、部屋を汚さないように注意が必要です。
繭を作るお気に入りの場所を探すお蚕さんの様子をそっと見守ります。
平成30年6月6日(水)
ほとんどのお蚕さんが繭を作り始めました。
昨晩頑張って糸を吐いたのでしょう。飼育容器と回転蔟の間で繭を作り始めたお蚕さんがいたため、蔟が回転しなくなっていました。このまま様子を見守ります。
ぐんま黄金の蔟にも、きれいな黄色い繭ができ始めました。
屋根型に蔟を組み立てる場合、写真のように飼育容器にフンとおしっこがたまりますので、まだ繭を作らないお蚕さんがいる場合は汚れないよに別の場所に移してあげましょう。
平成30年6月11日(月)
週末に残りのお蚕さんもお気に入りの場所を見つけて繭になりました。
残念ながら繭を作る途中で力尽きてしまったお蚕さんもいましたが、お蚕さんが数日間一生懸命糸を吐き続けてできた繭は美しく、かわいらしいです。
繭かきは今週後半の予定です。
平成30年6月15日(金)
本日は繭かき(繭をまぶしから外す作業)を行いました。
市民養蚕で各家庭や保育園、学校に旅立った蚕達も大切に育ててもらい
綺麗な繭となって続々と帰ってきています。
提出の際は毛羽を取り除き、回収袋に入れての提出をお願いいたします。