H29 飼育記録 晩秋蚕

1763_ext_01_0_L.jpg
晩秋蚕飼育日記
平成29年9月から飼い始めた晩秋蚕(ばんしゅうさん)の様子を紹介します。
平成29年9月13日(水)
3齢5日目。夕方になるとだいたいのお蚕さんが脱皮を終え、脱皮後の皮が透明パックの中にたくさん現れました。ようやく透明パックから出してもらったお蚕さん。人工飼料を一生懸命食べていました。
平成29年9月15日(金)
4齢2日目。毎日少しずつ大きくなるお蚕さんたち。3.5~4cmくらいでしょうか。小さいお蚕さんたちにもエサを食べてもらえるよう、小さいお蚕さんを飼育容器の端に分けたのですが、時間が経つといつの間にか大きいお蚕さんが混ざっています^^;
平成29年9月19日(火)
4齢6日目。ほぼ飼育マニュアルの飼育表どおりに育つお蚕さん。あっという間に食べ盛りの5齢です。
平成29年9月20日(水)
5齢1日目。昨日よりまた少し大きくなったお蚕さん。3~4cm程度の小さいお蚕さんもいますが、発育のよいお蚕さんは現在6cmです。

夏蚕では飼育容器の敷材を新聞紙から広告(光沢のあるもの)へ変更しましたが、晩秋蚕はコピー用紙の包装紙を使用しています。広告同様、新聞紙よりも人工飼料が乾燥しにくいようです(詳しくはH29飼育記録夏蚕 参照)。
平成29年9月21日(木)
5齢2日目。新しいエサを与えました。お蚕さんは冷蔵庫からだしたばかりの人工飼料を好み、乾燥したものは食べにくくなります。

体の大きさごとにわけて、より多くのお蚕さんがエサを食べやすいようにしていますが、それでも一部のお蚕さんは9/11、12の配蚕日からほとんど大きくなりません。元気もないようなので、小さいお蚕さんには今日から桑を与えることにしました。今後の成長の追い上げに期待です!
※小さいお蚕さんは市役所2階の農政課にいます。
平成29年9月25日(月)
5齢6日目。大きいお蚕さんは約7cmに成長しました。小さいお蚕さんも桑を一生懸命食べています。1階の小さいお蚕さんも桑を食べ始め、日に日に大きくなっています。
飼育マニュアル裏表紙の予定表では9/23が上蔟ですが、まだそんな気配はありません。飼育表(p5,7)を参考にすると9/27が上族です。果たして飼育表通りにいくでしょうか。成長を見守ります。
平成29年9月26日(火)
5齢7日目。桑を食べてすくすくと育つお蚕さんたち。上蔟に備えて今日もたくさん桑を食べています。
平成29年9月27日(火)
5齢8日目。繭を作り始めたお蚕さん。急いで回転蔟に上族しました。果たしてお蚕さんが無事に繭を作ってくれるでしょうか。明日が楽しみです。
まだ熟蚕(じゅくさん/繭を作る準備ができたお蚕のこと。)にならず、元気に桑を食べているお蚕さんもいます。
平成29年9月28日(木)
回転蔟の中に繭ができはじめました。繭をつくる準備ができたお蚕さん(熟蚕/じゅくさん)は、体の色が黄色っぽくなります。熟蚕になると何も食べなくなり、動きが活発になるので脱走に注意します。
平成29年10月2日(月)
今日はお蚕さんたちをすべて上蔟しました。

繭かきは、お蚕さんたちが繭を作り始めてから8~14日間で行います。14日を過ぎてしまうとお蚕さんが蛾になって繭から出てしまうので注意が必要です。

市役所の場合、今日上蔟したお蚕さんたちの繭かきは10/10以降になります。先週、先に繭を作り始めたお蚕さんたちはもう数日したら繭かきができますが、繭かきを一度で済ますために10/11頃まとめて繭かきをしようと思います。
平成29年10月4日(水)
市民養蚕の繭が農政課に提出されました^^大切に育ててくださりありがとうございました!!
提出の際は、①毛羽を取り除くこと ②名札に氏名を記入する ことを忘れずにお願いします。
飼育マニュアル裏表紙では今日が繭の提出日ですが、あくまでも目安です。焦らずにお世話と繭の提出をお願いします。
平成29年10月6日(金)
<番外編>
今日から養蚕農家さんの晩秋蚕の繭の荷受けが始まりました。
農家さんからの大量の繭が数人による手作業で選繭(せんけん)されます。
平成29年10月10日(火)
繭かきをしました。(好天が続いたため予定を1日早めました。)
繭をまぶしからはずし、中が透けている繭や、中から染み出ている汚れがある繭ははぶきます。そしてきれいな繭の毛羽をとります。
大きい繭や、小さい繭、くびれた繭、玉繭など、お蚕さんががんばって作った繭にもそれぞれ違いがあります。晩秋蚕の繭は少し小ぶりだったかもしれません。

春、夏と行った市民養蚕も、晩秋蚕で今年度は最後となります。
市民養蚕に参加してくださったみなさん、この場を借りて御礼を申し上げます。
みなさんに育てていただいた繭は富岡製糸場の実演に活用させていただきます。
来年度も富岡市の市民養蚕をどうぞよろしくお願いいたします。

以上で平成29年晩秋蚕の飼育日記を終わりにします。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

※繭の提出は引き続き受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。