イベント

定期イベント
座繰り実演・体験 毎週土日祝日
毎週土日祝日

実施時間:
【午前の部】09時30分~12時00分
【午後の部】13時00分~15時00分


※年始(1月1日~3日)が土・日・祝日の場合は、実演・体験はありません。
※都合により実演を中止する場合があります。ご了承ください。
フランス式繰糸器実演 毎週月~金
毎週月~金(祝日を除く)

実施時間:
【午前の部】10時00分~11時30分
【午後の部】14時00分~15時30分


※都合により実演を中止する場合があります。ご了承ください。


フランス式繰糸器の実演をしてくれるボランティアさんを募集しています。
詳しくは富岡製糸場管理事務所(0274-64-0005)までお問い合わせください。
カイコの生態展示 通年
展示期間:富岡製糸場開場日

※蚕の成長段階は、日々異なりますので、繭の状態で展示されることもございます。ご了承ください。
ブリュナエンジン(復元機)動態展示(蒸気による運転)
毎週土日及び祝日

運転時間:
10時30分~14時30分

※都合により中止する場合があります。ご了承ください。
特別イベント
明治150年記念「絹のみち広域連携プロジェクトシンポジウム~富岡製糸場から繋がる絹産業の未来~」
平成30年は、明治元年(1868年)から満150年に当たります。富岡製糸場の絹生産の技術革新・人材活躍等の取組が全国へ広がり、我が国経済を索引した歴史的意義を再確認するとともに、現代の絹関連産業のイノベーション、産業遺産活用等の取組を広く発信するシンポジウムを開催します。
シンポジウムにあわせて、富岡製糸場見学会なども実施し、絹産業による新たな地域経済活性化に向けた機運醸成・関係者連携を促進します。
【シンポジウム】
<日時> 平成30年3月15日(木)15:00~17:30(受付開始14:30)
<会場> 富岡製糸場東置繭所内
<料金> 参加費無料 (事前申込制)
<概要>1.「富岡製糸場発・明治近代化を振り返る~横田 英15才の冒険~」
    2.「絹産業・新たなイノベーションの飛躍」
    3.「明治の絹産業遺産等を活用した新たな取組」

【同時開催:「富岡製糸場見学会」】※シンポジウム事前申込者対象・参加費無料
<日時>平成30年3月15日(木)13:30~14:45(受付開始13:15)
<見学>富岡製糸場ガイドツアー(国宝「西置繭所」保存修理工事見学施設を含む)

【問合せ先・申込先】
経済産業省 関東経済産業局HPからお申し込みください。
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/sightseeing/20180315kinu-no-michi_sympo.html
<定員>150名(定員に達し次第締め切り)
<締切>平成30年3月12日(月)
<担当>産業部産業振興課(北原、荒井、地蔵)
<電話>048-600-0377

シンポジウムのチラシはコチラ(PDF形式625KB)からご覧ください。
平成29年度富岡製糸場資料展 富岡製糸場の昭和30年代-ある一家のものがたり-
富岡製糸場には、創業時から、場内に宿舎や福利厚生施設が整い生活空間がありました。
操業を支えた人々の日々の暮らしの場であり、また、社宅の子供たちが駆け回る遊びの空間でもありました。季節や節目の行事も行われてきました。そんな富岡製糸場の日常を、昭和30年代にスポットを当て、操業風景と併せてたくさんの写真パネルでつづります。
<会 期>平成30年2月16日(金)~3月11日(日)
<時 間>午前9時~午後4時50分(富岡製糸場は午後5時で閉場します)
<会 場>富岡製糸場「首長館」(ブリュナ館)
     ※首長館の内部は通常、公開をしていません。この機会にぜひご見学ください
<料 金>観覧には富岡製糸場の見学料が必要です(大人1000円)。
     ※富岡市民は無料
<講演会>会期中、富岡製糸場総合研究センター所長兼富岡製糸場名誉顧問による講演会を開催します。
     参加ご希望の方は、当日、会場へ直接お越しください。
     講師:今井幹夫(富岡製糸場総合研究センター所長兼富岡製糸場名誉顧問)
     会場:富岡製糸場「首長館」
     日時:平成30年3月3日(土)13時~14時30分
     定員:先着30名様
<お問い合わせ>富岡製糸場保全課 ℡0274-64-0005
        〒370-2316 群馬県富岡市富岡1-1

資料展のちらしはコチラ(PDF形式1.30MB)からご覧ください。

 
関連リンク