総合トップページ 富岡製糸場 保存修理・整備活用

国宝「西置繭所」保存修理工事見学施設【現在は公開していません】

西置繭所保存修理工事見学施設
西置繭所の保存修理工事見学施設は、平成28年1月22日 ~ 平成31年3月31日の約3年間にわたり、公開を行い、国宝の保存修理工事の様子を見学者の皆様に公開してきました。
見学施設では、西置繭所の歴史や保存修理計画、また調査解体の結果分かったことについて、映像とグラフィックパネルを用いて展示解説と実際の修理現場の様子を体感できるスペースの提供を行い、文化財の保存の大切さと大変さをお伝えしてきました。
工事の完成に向け、素屋根の解体に伴い平成31年3月31日をもって見学施設が終了となりました。
公開期間中には481,563人の方に見学いただきました。たくさんのご入場ありがとうございました。
西繭繭所の今後について
西置繭所の一般公開は2020年秋を予定しております。
また、西置繭所の保存活用と整備の内容についてはリーフレットをご覧ください。