総合トップページ 富岡製糸場 お知らせ一覧(富岡製糸場) お知らせ詳細(富岡製糸場)

【終了】「富岡製糸場と絹産業遺産群」世界遺産登録5周年記念事業 上廣歴史文化フォーラム

 歴史を通じて現代日本人の生き方を問いかける上廣歴史文化フォーラムを、「富岡製糸場と絹産業遺産群」世界遺産登録5周年記念事業との連携により開催しました。
 富岡製糸場の設立に尽力した渋沢栄一をはじめ、当時の日本人が、いかに必死に世界の産業革命についていこうとしていたのか、また他の官営工場とのつながりなども紹介しながら、日本を近代化へ導いた先駆者たちの思想や実践を直木賞作家、門井慶喜先生に語っていただきました。
 ご講演いただきました門井先生、ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

<日時>
令和元年10月19日(土)
13時30分から15時30分まで

<会場>
富岡製糸場 首長館

<主催>
公益財団法人上廣倫理財団、群馬県、富岡市

<後援>
文化庁

<テーマ>
「官営工場~国家独立の最前線」

<内容>
講師:門井 慶喜 (かどい よしのぶ)氏 (作家)
講演テーマ:「官営工場~国家独立の最前線」

<定員>
先着150名

<料金>
無料
※ただし、市民以外の方は富岡製糸場見学料が別途必要。

<講師プロフィール>
 1971年群馬県桐生市生まれ。
 栃木県宇都宮市出身。
 94年同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(日本史)卒業。
 2003年「キッドナッパーズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞受賞。
 06年『天才たちの値段』で単行本デビュー。



撮影/ホンゴユウジ


・作品
『天才たちの値段』2006年文藝春秋刊。『人形の部屋』07年東京創元社刊=第61回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。『パラドックス実践 雄弁学園の教師たち』09年講談社刊(収録作中「パラドックス実践」=第62回日本推理作家協会(短編部門)候補)。『竹島』12年実業之日本社刊。『シュンスケ!』13年角川書店刊=第3回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)候補。『かまさん』13年祥伝社刊=第3回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)候補。『注文の多い美術館 美術探偵・神永美有』14年文藝春秋刊。『東京帝大叡子教授』15年小学館刊=第153回直木賞候補。『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』15年幻戯書房刊=第69回日本推理作家協会賞(評論その他部門)受賞。『家康、江戸を建てる』16年祥伝社刊=第155回直木賞候補。16年第34回咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。『銀河鉄道の父』17年講談社刊=第158回直木賞受賞。

※チラシはこちら(PDF:1.69MB)